ホーム > セキュリティーサービス > KINGSOFT InternetSecurity2012

KINGSOFT InternetSecurity2012

クラウド機能を搭載した総合セキュリティソフト

サービス概要

KINGSOFT InternetSecurity2012はアンチウイルスソフト、セキュリティ診断を1つにまとめた総合セキュリティソフト。最新のクラウド機能を搭載し、ネットブックなどの容量や処理速度に不安があるパソコンでも快適にご利用いただけるセキュリティソフトです。

また、スマートフォン用のセキュリティソフトとして「KINGSOFT Mobile Security」も用意しております。

ご利用料金

※価格は全て税別です

プラン名 月額利用料金
KINGSOFT InternetSecurity2012 300円
KINGSOFT Mobile Security 300円

クラウドセキュリティとは

クラウドセキュリティとは、パターンファイルなどをローカル上のPC上には置かずにオンラインでユーザーのPCの動作を監視し、解析はサーバ上で行うことで、ユーザーのPCへの負荷を最小限にする技術です。この技術によって容量や処理速度に不安があるパソコンでも快適にセキュリテイソフトをご利用いただけます。

クラウドセキュリティ

製品情報

KINGSOFT Anti Virus2012

KINGSOFT AntiVirus 2012はクラウドウイルススキャン技術を利用したセキュリティソフトです。「安全」「危険」などの状態が一目でわかる簡単設計で、パソコン初心者の方でも安心です。

KINGSOFT System Defender

KINGSOFT System DefenderはKINGSOFT InternetSecurity2012に付属するユーティリティソフトです。「システムのメンテナンス」「システムの保護」「インターネット使用環境の保護」の3つの機能でシステムの設定・最適化ができます。

KINGSOFT Mobile Security

スマートフォンは自由にアプリをインストールしたり、カスタマイズできるオープン性が魅力ですが、セキュリティ面では悪意のあるアプリをインストールしてしまうリスクも高いのです。
KINGSOFT Mobile Securityはスマートフォンを安全・安心にお使いいただくための様々なセキュリティ機能を持つツールです。

ダウンロード

お申込みされた方はこちら お申込みされた方はこちら

KINGSOFT InternetSecurity2012 インストール方法

  1. デスクトップなどに保存されたインストーラファイル「KIS2012_493_256.exe」をダブルクリックします。(Windows7/Vistaの場合は「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら「はい」または「続行」ボタンをクリックします。)
  2. 「セットアップウィザードへようこそ」画面が表示されたら「次へ」をクリックします。
  3. 「使用許諾書」画面が表示されるのでよくお読みいただき「同意する」をクリックします。
  4. HDD:200MB以上の空き領域があること。
  5. 「情報収集ポリシー」画面が表示されるのでよくお読みいただき「同意する」をクリックします。
  6. 「インストール先を選択して下さい」画面が表示されたら「次へ」をクリックします。
    インストールが開始されます。インストール画面が表示されたらしばらくお待ち下さい。
  7. 「KINGSOFT Internet Security2012インストール完了」画面が表示されたら「完了」をクリックします。(「セキュリティ強化計画に参加(推奨)」のチェックおよび「情報収集ポリシー」へのリンクがあります。 セキュリティ強化計画に参加される場合は、チェックをつけたままで、参加されない場合は、チェックを外してから「完了」ボタンをクリックしてください。)

KINGSOFT Mobile Security インストール方法

  1. Webサイトより「KINGSOFT Mobile Securityをダウンロード」をクリックします。
    (アプリケーションの選択画面が表示された場合、いずれかのアプリケーションを選択してください)
  2. 「このアプリケーションをインストールしますか?」画面で「インストール」をタップします。
  3. 「アプリケーションをインストールしました」画面で「開く」をタップします。
  4. 「シリアル番号を入力してください」画面でお手持ちのシリアル番号を入力し、「OK」をタップします。
  5. 「クラウド安全計画に参加」画面で「今後表示しない(推奨)」にチェックし、「実行」をタップします。
  6. 「セキュリティチェックが1度も行われておりません」画面で「チェック」をタップします。
  7. 「チェック」をタップ後、クイックスキャンが実行されます。
  8. 続いて「クラウドスキャン」が自動的に実行されます。
  9. 続いて「ディープ」をタッチすると、ディープスキャンを実行します。
    ※ディープスキャンとは、既に端末に保存されているapkファイルパッケージのウィルススキャンを行う機能になります。
  10. 「スキャン結果」画面で「戻る」をタップします。
  11. 続いてSMSのスキャンを行います。「スキャン」をタップします。
  12. 「不審なSMSのスキャン」画面で「OK」をタップします。
  13. スキャンが完了したら、「OK」をタップします。
  14. 続いてパケット量の設定を行います。「設定」をタップし、「今月の設定」をタップします。
  15. パケット量の設定を行い、「OK」をタップします。
  16. 続いて「盗難対策機能」の設定を行います。「起動する」をタップします。
  17. 説明画面が表示されますので、スライドしてページを確認します。
  18. 「パスワードの設定」を行います(6-12 個の英数字)。パスワードを入力し、「次へ」をタップします。
  19. 「緊急連絡先電話番号の設定」を行います。緊急連絡先番号を入力し、「次へ」をタップします。
  20. 「連絡先へ送信」をタップし、「完了」をタップします。
    ※盗難対策機能を起動するために必要なコマンドを、上記で設定した緊急連絡先に送信
  21. 設定完了です。

KINGSOFT InternetSecurity2012 動作環境

OS日本語版Microsoft Windows 7 (32Bit/64Bit)/Vista (32Bit/64Bit)/XP (32Bit/64Bit)
CPU800Mhz以上(Windows7/WindowsVistaの場合は1.5Ghz以上)
メモリ512MB以上(Windows7/WindowsVistaの場合は1.5GB以上)
HDD200MB以上の空き領域があること
その他オンライン環境(パターンファイルの更新・クラウドサーバーとの接続を行うため)

※ 64BitOSへは、AntiVirusのみが対応します。
※ 64BitOSへは、AntiVirusのみがインストールされSystemDefenderはインストールされません。
※ 上記の動作環境はKINGSOFT Internet Security2012とSystemDefenderの同時利用を想定しています。
※ Windows8については動作対応保証外となります。

KINGSOFT Mobile Security 動作環境

Android 2.1/2.2/2.3/3.0/3.1/3.2

※ 一部のスマートフォンで「メール」アプリにてEメールとSMSを受信する機種の場合は、SMS管理のSMSポップアップ表示のチェックをオフにしてください。
※ 通話機能のない端末の場合、ブロックリスト、盗難対策機能、SMS管理、通話履歴管理及びプライベートフォルダは機能いたしません。

サービスのお申し込み・お問い合わせ先

IP ONEサポートセンターまでお問い合わせください。
http://www.ipone.ne.jp/support/contact.html

ページのトップへ